スタッフ紹介

院長 郷野裕次

院長 郷野 裕次

あなたと同じ下半身の痛み、しびれに悩んだ私に
おまかせ下さい

好きな物:サッカー(バルセロナ)、お笑い(ガキ使)

院長プロフィール

「レントゲン、MRIを見る限り、骨、関節には異常ありません」
「ひざの周りの筋肉を鍛えると楽になりますよ」

「・・・・」

はじめまして 大阪バルサ整体院長の郷野裕次です。

ひざを痛めてこの説明を病院の先生にされた方も多いかも知れません。
私もその一人です。左膝を痛めて整形外科の膝専門の外来を受診した時に説明してもらった言葉です。「丸1日掛けて受診したのに・・・」

人でごった返しているすごく人気のある病院で、受付を済ませたのがAM10時頃でレントゲンを撮ったのがPM7時頃、PM7時30分頃に5分位の診察を受けました。そしてその時 病院の先生に説明された言葉が異常なしでした。
痛みがある私にとって異常なしと言われても痛みが無くなる訳でも無く、原因不明だと言う事が分かっただけだった為、本当にがっかりしました。

動かす事自体 痛みを感じるのに筋トレは無理ですし、元々スポーツをしていたので、ひざの周りの筋肉は人一倍ありましたし、これ以上筋肉をつけても痛みが軽減するとは思えませんでした。自分では ひざ関節がしっかり噛んでいない感覚があり、その原因が解ると思っていた為、今後どうしたら良いのか解らなくて本当に困りました。

左膝を痛めた当時、はしご・脚立を昇降する仕事をしていて、右足だけで一段一段上がる事しかできなくて作業効率が悪く、右足への負担も大きかった為、
なんとかして左膝を改善したいという気持ちがとても大きかったです。

はじめは左膝が引っ掛かるような感じが出はじめ、すぐに無くなるという事を
繰り返していましたが、ある時から体重を掛けると痛い、踏ん張れない状態になってしまいました。

インターネットを検索して、整骨院、整体、カイロ、気功治療など良いと思う所、ひざ専門の所、片道2時間掛かる所と30箇所以上通いましたが、関節が安定、痛みが軽くなる事はありませんでした。

大きくひねった等の原因も思い当たらず、見た目も正常な為、自分自身では
「事故などでひどい状態になっている人でも治っているのに 関節が引っ掛かる程度の事がなぜ改善しないのか?改善する方法がないのか?改善できる人がいないのか?」と不思議で仕方ありませんでした。

みなさんも同じだと思いますが、自分でも足を引っ張ってみたり、回してみたりストレッチしたりとなんとか改善しないかと数え切れない位に試しました。
もちろんグルコサミン、コンドロイチンのサプリも試しましたが、改善する事はありませんでした。

左ひざを痛めてから6年ほどが経ち、半ばあきらめていた頃、ある整体院でひざの施術を受けた所「ズレてる」と言われました。
色々と通っていましたが、ズレてるとはっきりと言われたのは初めてでした。

関節が詰まっている、筋肉の使いすぎで負担が掛かっている、ひざのお皿が柔軟性が無くなって引っ掛かるなど 今までも色々な所で色々な原因説明・施術をうけましたが、痛みは軽減せず 説明にもしっくりきていませんでした。

しかし この整体院での説明は「こういう角度で強い力が掛かって関節が限界を超えると関節は回転しながらこちらにズレる」とすごく理論的にも納得できる原因説明でした。

その後 15分位の施術は終了しました。「ちゃんと矯正できたけど 何回か矯正しないとすぐにまた戻ってしまうから 1週間後位にまた来て」と・・。
わたしの場合 歩いている時には痛みは出なかった為、その場では実感出来ませんでしたが、次の日の仕事で脚立に昇った時に、左膝に全体重を掛ける事ができた為、「あっ 入ってる」と感動したのを今でも鮮明に覚えています。

その後 その整体院に通い、膝関節が不安定な状態に戻る事も無くなり、左膝に全体重を乗せても問題ない位にまで改善しました。

感動したわたしは、整体自体にも興味があったので先生にお願いしてこの整体術を2年間かけて学びました。習ってみると関節矯正の方法は角度、方向、意識、施術者の身体操作などすごく細かく合理的でした。

私自身としては、この整体術に出会っていなければこの仕事に就く事は無かったと出会えた事に感謝しています。

そして精度を高めて、自分と同じ様に悩んでいる方を少しでも楽に出来ればこの上ない喜びです。